JKFan写真館 道場訪問 >日本空手道泊親会清水連合
道場名
日本空手道泊親会清水連合
URL
記 事
1973年に「空手道研究会清水道場」を発足し、翌々年の75年に「泊親会清水道場」を創立したのが、現在、日本空手道泊親会 理事長を務める堀川博明師範である。

そして、この38年の歴史を誇る「泊親会清水道場」の教え子たちが指導者となり派生した道場が、今回の道場訪問先「日本空手道泊親会清水連合」です。
1982年に「泊親会山の手」、1991年に「泊親会唐心塾」「泊親会日仏道場」「泊親会明誠館」「泊親会清空館」「泊親会正真館」がそれぞれ設立されました。

泊親会清水道場の創設者である堀川博明師範の人間味溢れる指導と情熱が、この長い年月のあいだに現在も生徒数が500名を越える、
全国でも類まれな強豪道場の連合体を創り上げたと言っても過言ではないでしょう。

「怒って強くなる選手より、空手を好きになる選手をつくることが大事」と語る堀川師範のモットーは、「自由にのびのびとしているが、やる時は全力でやる」ということ。
「のびのびと空手をすることは、だらしないということではない。」
「空手を好きになって、本気で強くなりたいと思った時に、厳しい練習が楽しくなる。」と語っています。

しかし、指導者としてここまでの心情や成果を残すまでには、辛抱の時期も長かったと言います。

道場を開いてから最初の目標を「教え子が県大会で優勝すること」と定めましたが、それを達成するまでに実に15年を要しました。
この15年間は指導者として本当に試行錯誤の時期だったと堀川師範は感慨深く語っています。そして、指導者として「待つこと大事」ということを肝に銘じたと言います。

その後は、全日本少年少女空手道選手権や全日本少年少女武道練成大会、全国中学生空手道選手権、全国高等学校空手道選抜大会、全国高等学校空手道選手権、全日本学生空手道選手権、全日本実業団空手道選手権、全日本空手道選手権、とすべての大会で優勝者を輩出するまでになりました。

堀川師範が、この長い年月の中で得た実績の裏づけこそが、先ほどのモットー「自由にのびのび」「空手を好きにさせること」ということであったそうです。
このモットーの上で個々の選手の特徴を見出し、練習の質と量を考えながら多くの交流試合を経験させて、違うタイプの選手との対戦で技術を磨かせることで、選手が自らの力で強くなっていくものだと、その秘訣を教えていただきました。

そして、大事なことは「良いことは褒めること、それも、わけ隔てなく褒めることができなくてはいけない」ということです。

頑張った選手には、どこの道場や学校に関わらず、褒めてあげる事が大事だと堀川師範は言います。

各連合道場の指導者の方々も、堀川師範が怒ったことを見たことがないと言います。怒らずに褒めて育てる空手道の真髄がここにあります。
決して上辺だけで褒めることではない、真剣勝負の「褒めて育てる空手道場」、それが「日本空手道泊親会清水連合」なのです。

日本空手道泊親会清水連合 「泊親会清水道場 泊親会山の手 泊親会唐心塾 泊親会日仏道場 泊親会明誠館 泊親会清空館 泊親会正真館」

指導方針 「全国、世界で活躍する選手を育てる。」
特徴   「自由にのびのびとしているが、やる時は全力でやる。」

泊親会清水師範:堀川博明
(日本空手道泊親会理事長、日本空手道連合会副理事長、静岡県空手道連盟理事長)
泊親会清水道場:指導員
泊親会山の手:指導員
泊親会唐心塾:指導員
泊親会日仏道場:指導員
泊親会明誠館:指導員
泊親会清空館:指導員
泊親会正真館:指導員


稽古時間:月〜土、各道場。詳しくはお問い合わせください。
入会金/月会費:詳しくはお問い合わせ下さい。

日本空手道泊親会清水道場
〒424-0052 静岡県静岡市清水区北脇480
tel/fax:054-345-3289

過去の主な大会結果
・第30回全日本空手道選手権大会女子組手 優勝 小笠原万記
・第22回全日本実業団空手道選手権大会女子組手 優勝 小笠原万記
・全日本学生空手道選手権大会女子組手 優勝 小笠原万記
・全日本学生空手道選手権大会女子団体組手 優勝 小笠原万記
・全国高等学校空手道選手権大会女子組手 優勝 小笠原万記
・第27回全国高等学校空手道選手権大会男子組手 優勝 小笠原大晃
・第27回全国高等学校空手道選手権大会男子団体組手 優勝 小笠原、堀池、牧田、堀川
・全国高等学校空手道選抜大会女子組手 優勝 小笠原万記
・第19回全国高等学校空手道選抜大会男子団体組手 優勝 小笠原、堀池、牧田、堀川
・第29回全国高等学校空手道選抜大会女子団体組手 優勝 豊泉諒子
・第5回全国中学生空手道選手権大会男子団体組手 優勝 小笠原、堀池、田代
・第10回全日本少年少女1年生組手 優勝 千葉大雅
・第8回全日本少年少女5年生女子組手 優勝 菊地瑞希
・第8回全日本少年少女3年生女子組手 優勝 谷沢純香
・第6回全日本少年少女3年生女子組手 優勝 菊地瑞希
・第4回全日本少年少女1年生女子組手 優勝 岩瀬菜緒
・第4回全日本少年少女5年生男子形 優勝 石黒裕太
・第1回全日本少年少女2年生男子形 優勝 石黒裕太
・全日本少年少女武道練成大会 優勝 合計10回

 

   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
   
         
       
         
   
         
   
         
   
         
   
         
       
         

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 


TOP  撮影依頼  会社概要  会社地図